DDRダイエットの記録3 MAX300激~夏休み前まで


 MAX300激をクリアしたことで、その時点の大目標を達成することに成功しました。この時点で体重も当初の90kgから75kgくらいに減量できていたので、ダイエットとしてはそれなりにいいペースで進んでいたと思います。

 

 しかし、そこから先は減量のペースが落ち始めました。ある程度プレイを重ねても以前のようには、減量できない。また、このころになると学生のため所持金額を考えると、DDRやるのに一日で使うお金も増え始めてきたので、ある程度プレイ回数の制限をしないといけないようになりました。

 

 そこで、ダイエットの作戦を無理をしない範囲の曲をたくさんやる方針から、できる限り自分のできる限界に近い譜面を踏んで、プレイ回数を削減しながらも消費カロリーを稼ぐ方針に切り替えました。

 

 

 そのため、MAX300激クリア前はレベル10の曲を多く踏んでいましたが、そこから先はできる上限の高難度の譜面を中心に特攻をしていく形に変化していったため、レベル13、14帯の曲を多く踏み、さらに当時挑戦段階であったレベル15の譜面も踏むようになりました。

 

 

 しかし、高難度志向へ切り替わったとは言えレベル15の楽曲群はレベル14とは明らかに難易度が違いました…クリアをするのにも一度の挑戦は途中で閉店をし、何度も特攻をしないといけないという状態に陥りました。

 

 

 

 今思うと、もう少ししっかりと下を固めてから難易度の高い譜面を踏むのが、正攻法であり楽しく続けるためのコツだと思っていましたが、きつい譜面をやらないと脂肪は減らない、せっかく痩せたのにも関わらずこのまま体重が変わらなかったら、リバウンドしてしまうという一種の強迫観念が私の心をむしばんでいきました。

 

f:id:onkenuniv:20200613231114j:plain

この時期は消費カロリーの数値が全てだと思っていた…

 

 

 この時期がある意味で、このダイエットの一番きつい時期だったと思います。クリア上限も上がらない、体重も変わらない。そこで、逃げではないですがDPの踏む回数を増やすことにしました。

 

f:id:onkenuniv:20200613001359j:plain

 

f:id:onkenuniv:20200613000731j:plain

その当時踏んでいた時のリザルト

 

 この判断は後にいい影響を与えたと思います。DPはSPに比べると、捻りや譜面認識、体力が要求されるため、高難度に対して必要な能力が効率よく鍛えられ、ダイエット効果も大きいので、段々と体重減少の速度も徐々に上がり始めました。

 

f:id:onkenuniv:20200613231322j:plain

 MAX360BDP ダイエットには消費カロリー多いんでおすすめですよ!

 

 SP15特攻とDPレベル10~12の間を踏み続ける習慣を一か月行ったところ、ようやく体重も60kg台になりました。レベル15特攻もだんだんと成功率が高くなってきたこともあり、そこで、目標をSP15最難関といわれている譜面のPARANOiA~HADES~DSPのクリアに定めてSP15の卒業を目論むことにしました。

 

 PARANOiA ~HADES~は同時押しがこのレベル帯にしては極めて多く、ジャンプをしなければいけない配置が大変多い譜面です。これまでは、比較的素直な地団駄物量譜面だったので、体力をつければ攻略はやりやすいものだったのですが、同時ジャンプというのはやる気にならないと上達しない技なので、この譜面に特攻を仕掛けるのは必然でした。

 

 

 最終的には、DPで培った体力とSPで鍛えたスライドで誤魔化すという何とも残念な方法でクリアをすることができました。正直、残念な方法ですが当時の私の技量と精神面を考えるとこの方法が限界だったような気がします。

 

f:id:onkenuniv:20200613001555j:plain

 初クリアのリザルト ボロボロになっているのが分かります

 恐らく自動車学校の教習の待ち時間の間にやって出たリザルトです

 

 ボロボロのリザルトですが、クリアしたおかげでMAX300激クリア以来の達成感を味わえたので、自信につながりました。ダイエットにおいて最も重要なことは自分のやっていることを信じることだと思います。正直この時期やっていたことは今考えると、高難度を狙って行った分無駄が多かったと思います。そのおかげで、この後も精度が犠牲になっているので音ゲーマーとしてもいただけない判断だと思います。

 

 

 しかし、ここで踏ん張れたおかげでダイエットもDDRも次の段階へと成長できたと思っているので後悔はしていません。この時期を乗り越えた経験は何事にも代えがたい貴重な経験だと思います。

 

 

 ちょうど、このスランプの時期は夏休みの前まででした…

 夏休み中はコミケなどの様々なイベントがあるため、少しDDRから離れたり、風邪で寝込むといったことが起きたのですがそれは私が体験した脂肪があることについてのメリット絡めて次回記したいと思います。

 

 

 

 


スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA