同人音楽の探し方


皆さんは、同人音楽についてどのようなイメージを思い浮かぶでしょうか?

 

  • 誰が作っているんだ?
  • プロじゃないんだし、大したことないだろう?
  • どうやって買えばいいか分からない
  • おススメのジャンルや作者って誰?

 

 だいたい上記のような感想を持つ人が多いと思います。ですが、近年の同人音楽は機材の高性能化や、デジタル化に伴い中にはセミプロとも呼べるような作家も今日では登場しています。ですが、そんなアツい界隈である同人音楽のアクセス方法をあまりよく知らないという人も多いと思うので、今回はその中でも同人音楽好きなジャンル、作者を探す方法についてまとめていきたいと思います。

 

 


 

1 音楽ゲームから好きな作家、楽曲を探す

 現在では最も主流の方法ではないかと思います。最近の音楽ゲームではアーケード、スマホなど媒体に関わらず同人音楽出身のアーティストの楽曲が収録されていることが多いです。音楽ゲームは商業的に成功するのを目的にしているので同人音楽の界隈の中でも、特に優れた作家さんの楽曲が収録されている場合が多いので比較的好きな作家さんを見つけやすいと思います。また、beatmania IIDXをはじめとするような本格派の音楽ゲームでは各楽曲ごとにジャンルが記載されていることもあるので、それらの情報を参考に同人楽曲を探すのもおすすめの方法です。

 


 

2 youtube等のストリーミングサービスで探す

www.youtube.com金平糖レトロチカ 中惠光城

 

www.youtube.comHorizon Note Endorfin

 

 

www.youtube.com風に消えた街 canoue

 

www.youtube.comConcept Of Reality feat. Renko

 

 1との併用技で使える手なのですが、一部の同人サークルでは上記のようにyoutube等のストリーミングサービスで楽曲を公開していることがあります。そのため、聞くことは手元にCDがなくとも聞けるので、ストリーミングサービスを使って聞いた楽曲が気に入ったら、CDを買うなりSNSで拡散をしましょう!

 ただし、不正アップロードも多いので作者、サークルとyoutubeチャンネルの名前が一致しているものを聞きましょう。これはマナーです。

 

 

 


 

3 同人誌即売会での視聴

 これは、ネットが発達する前までの一番の主流の方法でした。同人誌即売会コミケもっとも有名なイベントであり、確かにコミケでも多くの作家さんたちが作品を頒布(同人誌即売会はあくまで全員が参加者という名目なので販売という単語は使わない)しているので様々な作品を購入できるイベントではあるのですが、人が多すぎて同人音楽だけを欲しいという人にとって見ればハードルが高すぎると思います。そこで、私がお勧めするイベントは音楽系オンリーの同人誌即売会であるM3です。

 

 M3は、年二回春、秋に東京と大田区の流通センターの展示場で開催されています。

f:id:onkenuniv:20200702000910p:plain

https://www.m3net.jp/ M3公式ページ

 

 

 M3の利点はコミケ並みのサークル数を誇る、音楽系では最大規模の同人誌即売会であるのにも関わらず、コミケと違って人がそこまで多くなく快適に欲しいものを購入できるという点です。また、音楽系同人誌即売会と割り切ったイベントですので楽器等の生演奏や、楽器メーカー等の商業ブースがあるというのも特徴です。

 

 同人誌即売会では売り子さんや代理人の人に頒布を任せている場合もありますが、大多数の人は作者さん本人が来ているので、作者さんに合えるというのもメリットとして大きいと思います。そして、ここにはネットにも掲載されていなかったり、音楽ゲームにも収録されてないまだ見ぬ新人作者さんも集まっており、他の方法では、アクセスしにくいその人たちの楽曲を聴くことができる貴重な機会ですので、同人誌即売会というのもまだまだ現役の同人音楽の探し方だと思います。

 

 基本的に、同人誌即売会で買う場合には手数料がかからず一番安い価格で買える上、作者さんにも会うことができる可能性があるので同人音楽の媒体は同人誌即売会で購入するのがいちばんいい方法だと思います。

 


 4同人ショップ、同人通販で購入

 

www.melonbooks.co.jpメロンブックス

diverse.directdiverse direct

www.tanocstore.netTANO*C STORE

 同人音楽を取り扱っている通販は、主に上記の三つのサイトです。

 同人ショップでは、同人音楽が店内BGMになっていたりする場合はBGMについての楽曲紹介が行われていることがありますが、これら同人ショップでは基本的には欲しいものが決まっていて買うというシチュエーションが多いです。そのため、アルバムの内容を知らない場合はジャケット買いくらいしかできないという問題点があります。

 また、購入についても店側の手数料で同人誌即売会で頒布するよりも値段が高く、新人の作家さんだと店が委託を受け付けない場合があるのでどうしても種類が少ないという点も挙げられます。

 ただし、欲しいものが決まっている場合や同人誌即売会にいけなかった、またはそこで購入できなかったCDは同人ショップが取り扱っている場合は比較的簡単に購入できるという手軽さのメリットはあります。

 


 5 twitterで確認

 好きな同人作家さんがいる場合は、その作家さんのフォロワーの一覧を確認するといい情報が手に入るかもしれません。同人音楽では作家同士の交流も盛んな場合があるので、その場合好きな作者さんが同じジャンルの作者同士でフォローバックをしている可能性もあり、結果としては自分の好きなジャンルを探す助けになることがあります。

 また、同人作家さんの主な情報発信元はtwitterの場合が多いので、好きな作家、サークルのアカウントはフォローするといいと思います。

 

 


 

 

 

 


スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA