onken的 おすすめ同人音楽サークル part1


 前回の記事では好きな同人音楽の作家やジャンルの探し方について書きましたが、今回は私個人の好きなサークルをまとめていきたいと思います。この記事があなたの同人音楽ライフの貢献になれば幸いです。

 

1 Endorfin.

f:id:onkenuniv:20200702165313j:plain

 

endorfin.jp公式サイト

www.youtube.com公式youtube チャンネル

 

 Endorfin.はsky_delta氏(作曲)と藍月なくる氏(vo)の二人で構成されているサークルです。同人音楽界隈でも最も成長をしているグループの一つであり、KONAMI音楽ゲームであるBEMANIブランドのゲームを中心に収録もされている注目のグループです。

 sky_delta氏はもともとクラブコア路線で活動をされているアーティストで、個人でも自身の得意とするテクノ系でアルバムを出しています。また、藍月なくる氏はボーカル活動に加えてボイスドラマ関連での活動も精力的に行っています。

 Endorfin.の音楽の特徴としては爽やかさと切なさが挙げられます。sky_delta氏はテクノ系の音楽を得意としていますが、Endorfin.の活動では藍月なくる氏のボーカルを引き立てるような爽やかなバンドテイストの楽曲も多く作曲しています。そのため、ボーカルと曲の組み合わせがとても素晴らしく、心地よく聴くことができます。そんな爽やかなテイストの楽曲の歌詞には、儚さと切なさがあり一種のカタルシスを感じました。

 Endorfin.の楽曲で個人的に素晴らしいと思う点は、春から初夏にかけての表現です。Endorfin.の爽やかなメロディーの音から、春の新しい命が芽吹く情景が思い浮かべられ、春真っ盛りの季節からやがて桜の花びらが散るように春が終わりを迎えていくように、歌詞に儚さと切なさを刻むというのはまさにEndorfin.にしかできない素晴らしいセンスだと思います。

 


2 Absolute Castaway

f:id:onkenuniv:20200702170551j:plain

nakae-mitsuki.net公式サイト

www.youtube.comyoutube チャンネル

 

 Absolute Castwayは中惠光城氏の個人サークルです。同人音楽界隈でも歴史があり、大物ポジションのサークルだと思います。中惠光城氏は、ほかにも少女病というサークルでの活動や声優としての商業活動も行っており、SEGA音楽ゲームであるチュウニズムにも曲が収録されているなど活動の幅が極めて広い方です。

 Absolute Castwayでの作品は、大正時代の和洋折衷文化をイメージしたものが独自の世界観を持った楽曲群が特徴です。また、中惠光城氏の歌声は透明な声から、力強くこぶしの聴いた声まで幅が広く、曲をさらに引き立てております。

  Absolute Castwayの作品の個人的に素晴らしいと思う点は、力強い表現だと思います。この力強い声によって、曲と共に世界観のイメージが強烈に刻み込まれ一瞬にしてとりこになりました。楽曲もバンドが演奏しており、迫力のあるサウンドが子気味良く聴きごたえがあります。公式チャンネルのPVは、同人作品とは思えないほどの完成度ですので興味のある方は是非ご視聴してみてください!

 また、後述する753.とのコラボプロジェクトのAntoher Flowerでは、互いに独自の世界観を重要視しているサークルがタッグを組んだことにより、世界の入れ替わりをそのまま音楽で再現したともいえるほどの、素晴らしい完成度のアルバムを制作しており感動をしました。

 


 

3 753. (しちごさん) +Canoue

f:id:onkenuniv:20200702170858j:plain

 

eleol.net753.(しちごさん)公式サイト

canoue.jpcanoue公式サイト

www.youtube.com公式youtubeチャンネル

 

  753.(読み方 しちごさん)は霜月はるか氏と日山 尚氏の二人のサークルです。そして、その二人にさらにMANYO氏が参加した合同サークルがcanoueです。霜月はるか氏はシンガーソングライターとして商業でも数多くの作品を制作されておりますが、一方で同人活動も黎明期と言われた時代から長年続けている方です。日山 尚氏はtieLeafというサークルで霜月はるか氏と共に長年活動をしており、歌詞を多く担当されている方です。MANYO氏はcanoueでは、作曲を担当されており商業でも多くの作品を制作している方です。

 753.名義でcanoue名義でもこの2サークルは、王道の異世界ファンタジーを題材とした楽曲が特徴です。弦楽器の音と繊細な歌声が合わさることにより、中世のヨーロッパを彷彿とさせるような風景を連想させます。また、弦楽器の引きしまった音は、軽やかでとても心地よいものですがそのバランスをベースとドラムがしっかりと取っており、軽くなり過ぎない、ファンタジーらしい荘厳感もあります。歌詞は詩的で、まるで一つのファンタジー小説を読んでいるような面白さと言葉遊びが兼ね備えてありと読みごたえがあります。

 CDアルバムのデザインもとても美しく豪華であり、所有感さえも持てるほどの芸術品とも言える作品なのでアルバムの購入もおすすめです。

 前述の、Absolute CastwayとのコラボプロジェクトのAnother Flowerでも世界観の表現という得意分野を生かして、交わることがない世界が入れ替わったら?というテーマをもとに壮大な作品を作り上げてました。

 

eleol.net

shimotsukin.com

Another Flower 公式サイト

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA