Pump it Up XXで遊べる 有名曲


サムネイル画像

http://www.piugame.com/piu.xx/

 今回は、Pump it Up XX verで遊べる、日本人の音ゲーマーでも知っている有名曲をまとめてみたいと思います。実はPump it Upにも日本人音ゲーマーが親しみを持てるような有名曲も収録されており、特にXX verになってからはこの傾向が顕著になりました。そのため、韓国のゲームだから全く知らない曲ばかりという状態ではなくPIU初体験の人も遊びやすい環境が整ってきたと言えるでしょう。

注意点

 ここで紹介するものは、あくまでXXverでプレイできる楽曲です。Prime2以前のverですと収録されていない場合があるので注意しましょう。また、一部楽曲はfull modeの状態でプレイしないと遊ぶことができないので、full modeコマンドを打つかアカウント登録をしてプレイしましょう。個人的にはアカウント登録をすると新規譜面の解禁、コレクション要素など継続的に遊ぶコンテンツができるのでおススメです。

Pump it Upのアカウントの作りかた XXver

conflict

 Pump it Up XXでは有名楽曲のconflictが収録されました。日本ではBEMANI系列のゲーム以外の大半に収録されている音ゲーマーにはなじみ深い楽曲ですが、そのconflictがPump it Upでも遊べるので一気に親しみが出てくるのではないでしょうか?

 難易度も低難易度から超高難易度までそろえており、初心者向けの配慮と上級者向けのやりがいを備えているので万人が満足するレベル設定です。特に高難易度はPump it Up特有のギミックが搭載されており、conflict名物のビームもかなり高い完成度で再現をしています。是非一度筐体で味わってみるのはいかがでしょうか?

Bad apple

 こちらも音ゲーマーなら多くの人が知っている、東方アレンジ楽曲です。難易度もレベル1からあるので音ゲー完全新規初心者のプレイヤーでも遊ぶことができます。一方で上級譜面も用意されており、BPMが遅い分多くのギミックが搭載された技巧譜面となっております。譜面によって全く傾向が違う楽曲ですのでいきなり上の難易度に手を出すとイタイ目を見てしまう可能性があるので注意は必要です。

 また、この曲には 4人用のCOOP譜面も搭載されており、4人同時でプレイすることを想定された譜面が存在します。ある程度PIUのダブルプレイに慣れた友達同士でプレイすると今までにない新鮮なプレイを味わえるのではないでしょうか?

セツナトリップ

 有名なボーカロイド楽曲です。作曲者のLAST-NOTE氏の楽曲はほかにも放課後ストライドや恋愛勇者、我楽多イノセンスなど数曲がPump it Upに収録されています。この譜面にもCOOP譜面があります(2人用)

CROSS OVER

 最近ではアーケアに移植された楽曲ですが、実はもともとはPump it Upのオリジナル楽曲です。アーケアとは違うこちらには立派なBGAもついているため単純にBGAを見て楽しむこともできます。

 PIUオリジナル楽曲ですので、レベルもシングルプレイの7からと少々高めですがある程度PIUに慣れてきたような方にはおススメの楽曲です。ここからは追加予定楽曲についてまとめます。

Brain power

 もともとはSound voltex IIで登場した楽曲ですが諸事情によりSound voltexから削除された後、セガのゲームや一部スマホゲームで収録された楽曲です。

 公開されたされたBGAも気合の入った物であり、譜面もギミックが満載なため他の機種でbrain powerをやったことのあるプレイヤーも満足すること間違いなしでしょう。

Life is Piano

 こちらも1月7日に追加予定です。BMSの大会でもコンスタントに優秀な成績を残しているjunk氏の作曲です。BMSイベントG2R2018初登場の楽曲で、SEGAのゲームでAC音ゲー入りを果たした楽曲です。

CROSSING DELTA

https://www.youtube.com/watch?v=v7VXjVkrnAw

 Sevens codeでのパッケージで購入できるcrossing deltaパックの楽曲がPIU XXでも遊べるようになりました。最近稼働した千葉ではcrossing deltaのみゲージを開放する必要がありますが、その他のロケーションではパックに入っている4曲とも遊ぶことができます。

その他楽曲について

 上記に挙げた楽曲以外にも、実はPump it Upに日本人のコンポーザーがオリジナル楽曲を提供しており、これらの数を含めるとかなりの楽曲数Pump it Upには日本人プレイヤーが親しみやすい楽曲が収録されていると言えます。

オリジナル楽曲を提供しているコンポーザー名

Cranky

conflict、Danger & Dangerなど

DM Ashura

Allegro Con Fuoco、Move That Body!など

ETIA.

Mitotsudaira、Queen Of The Red

M2U

Hyperion、Rising Starなど

Tatsh

Moon Light Dance、PRIMEなど

void

Idealized Romance、Anguished Unmakingなど

Yamajet

cycling!、Over the Horizonなど

削除

Imprinting

最後に

 Prime2以前のverですとここに記載したすべての楽曲のうち一部は遊ぶことができませんが、XXverだと遊ぶことができます。しかし、XXverは日本でもわずか数か所だけで稼働をしており多くの方は遠征をする必要があります。

 そこで個人的な遠征場所としておススメしたいのが、ジャムジャムつくば店です。つくばは東京からも近く、東京駅から最短一時間ほどで行くことができます。つくば駅から徒歩15分未満で行くことが可能であり、大変便利な立地となっております。

 Pump it Up XX以外にも底上げされているDDR筐体やBEMANI各種筐体も設置してあるため、遠征をするゲームセンターとしては良い環境と言えるでしょう。

地図


スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA