SSDを追加しようとしたらOSをクリーンインストールした話


 今回はSSDを追加しようとしたら、OSをクリーンインストールをしてデータが全部吹っ飛んだ話をしたいと思います。

経緯

画像

 私のPCは容量不足に悩んでおり、ちょうど一つマザーボード上のm.2スロットが余っていたのでちょうどよくSSDが入手できたので増設をしようとしました。

 M.2のSSDはスロットにさすだけで簡単に認識しますし、sataのSSDやHDDも問題なく認識したので特に気にも留めずSSDをm.2スロットに差し込みました。ところが、上の写真のM.2SSDは認識せず何回かさしなおしても一切反応がありませんでした。そのうちにwindows自身の調子がおかしくなり、ブルースクリーンを吐くようになり、コマンドプロンプトでbootセクターを直そうとして奮闘しましたがいつのまにかシステムドライブそのものがなくなっており、なくなくOSをクリーンインストールする羽目になりました。

想定される原因

 あくまでも自己研究が入っている文章なのでこれを参考にしないでください。この文章を参考にしてPCの故障に対応しようとしてデータを破損しても当方は一切責任を負いかねます。

 そもそもこのSSDを扱ううえで私は2つほど誤った認識をしていました。まずはこのSSDのことをはじめNVMeのSSDと勘違いをしていたことで、もう一つは空いていたM.2のスロットはsataのSSDに対応していると勘違いしていたことです。この二つの勘違いによりNVMeのみの対応スロットにsataのSSDをさしてしまいどうしても反応しないという事態が発生してしまいました。これがOSクリーンインストールを招いた最大の原因であり、最初にこのSSDがsataであることを見抜くことができればクリーンインストールをしなくても済んだのかもしれません。

 二つ目の原因としては、CMOSクリアが考えられます。CMOSクリア自身が悪いわけではないかもしれませんが、外付けケースでは認識していたSSDがマザーボード内臓にするとどうしても認識しないのでBIOSの調子がおかしいとにらんでCMOSクリアを行いましたが、結果としてはこのCMOSクリアをしてからOSの起動できなくなりました。ただしこれに関しては、CMOSクリアをしたこと自体が悪だったかについてはよくわからないです。少なくともCMOSクリアはきちんと行われていました。

 三つ目の原因としては復元ポイントの回復を途中で中断させてしまった可能性です。一応は一回は復元ポイントの回復を試し、成功したという表記が見えましたがいつまでたっても黒い画面のままだったので一度電源を落としたら二度とwindowsに入ることができなくなりました。正直これが決定的だったかもしれません。

結果

 結果としてはOSをクリーンインストールする羽目になりましたが、幸いバックアップを一週間前に取っていたので大半のデータと創作物のほぼすべてがDドライブに入っており無事でした。消えたのはOSクリーンインストール一週間前に保存した写真とアプリケーション等なので意図せぬOSクリーンインストールを行ったとはいえ、被害としては最小限でした。

 前のPCに入れていたゲームはオンラインゲームばかりだったのでゲームの些細な設定などでデータが飛んでしまったものもありましたが、大半のデータは無事でした。

 そもそもバックアップを取った理由としてはデータの整理を行い、システムドライブの空き容量を開けるためだったので、SSD増設とセットなのでこうなることは必然だったとも言えますが、これにより多くのデータは救われたため不幸中の幸いといえます。

 また、本来入れる予定だったsataのm.2のSSDもスロットを変えてあげたことにより認識するようになり、無事増設が完了しました。

 いちおう回復ドライブを作成したり、復元ポイントを作っていたりはしていましたが結果としてはこれらを作ったことは全部無駄に終わりました。

教訓

 まずは思い込みで作業をしないことの重要性を認識しました。自分で買ったSSDならさすがに確認をすると思いますが、今回は実家で流用できるパーツであまりよく知らないものを使ったので油断が生じこのような結果を招く大きな一因になりました。

 そして、別途でバックアップを取る重要性を強く認識しました。OSのバックアップが失敗して、システムドライブが吹っ飛んでもこれらデータはどうにか残っており、過去の授業資料などもきれいに残っているため、クリーンインストール後はアプリを入れなおす作業だけでデータもほとんど残っている元の環境を構築することに成功しました。もしもこれらデータがシステムドライブに入っていてバックアップを取っていなかったらと思うとゾッとします。

 絶対にバックアップを取りましょう。最低でもシステムドライブとしては使わないSSDかHDDを用意してそこにデータを突っ込むくらいのことはするべきだと思います。

 OSに備わっているバックアップ機能は使うべきだとは思いますが、今回の場合なぜかCドライブのデータすべてが吹っ飛んでしまっていて、これらの機能が全く使い物にならなかったのでOSの機能ばかりを信じるのはよくないという認識になりました。

 また、最近の大学の授業ではクラウドを使って一部行うものもありますがこのような事態に陥ってもなんに問題もなくDLしなおすことができるのを考えるとクラウド化の重要性が身に染みて理解できます…

Western Digital ウエスタンデジタル 内蔵 HDD 4TB WD Blue PC 3.5インチ 内蔵HDD WD40EZAZ-EC 【国内正規代理店品】


スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA