PARANOiA Revolution ESP クリア支援記事

PARANOiA Revolution ESP クリア支援記事 image 0 ddr

※ クリア支援記事です、スコアを狙い方向けの記事ではないのでご容赦を….

 「全ての過去が譜面になった」ともいわれるPARANOiA Revolution 激譜面ですが、全体的に過去のボス曲の難所ばかりを引用しているため、難易度が高い譜面と言えます。以下が引用譜面です

引用譜面 SP

Healing-D-vison 激

SILVER☆DREAM 激

The Legend of MAX 激

Anti-Matter 激

TRIP MACHINE Phoenix 激

MAX300 激

MAX300 X-special 鬼

Fascination MAXX 激

on the bounce 激

Trigger 激

PARANOiA 激

PARANOiA ~DIRTY MIX~ 激

PARANOiA Rebirth 激

PARANOIA EVOLUTION 激

PARANOiA Revolution ESP クリア支援記事 image 1

PARANOiA ETERNAL 旧譜面 激

PARANOIA survivor 激

PARANOIA survivor MAX 鬼

PARANOIA ~HADES~ 鬼

New Decade 鬼

POSSESSION 鬼

MAXX UNLIMITED 激

CANDY☆ 激

DanceDanceRevolution 鬼

Fascination~eternal love mix~ 鬼

Pulto Relinquish 鬼

Valkrie dimension 激

 

赤字の部分が特に難所です

 

 

 これだけ見ても相当な数の譜面から引用されていることが分かります。そのため、さまざまな要素が詰まった譜面と言えるので総合力が試されることに関しては間違いありません。

PARANOiA Revolution ESP クリア支援記事 image 2

 ですが、クリア目的までレベルを下げるとで示した難所の部分をいかに誤魔化して抜ければいいかの勝負になるので、苦手な譜面が含まれていてもクリア自体は研究によっては可能です。

STEP 0 とりあえず引用譜面を踏んでみる

 言うまでもないですが、とりあえず引用譜面は一度踏んでみましょう。BPMの調整や譜面の配置が出てくるタイミングなどはもちろん違いますが、予習をしているのと予習をしていないのでは明らかに差が出ます。しっかりと、踏んでおいた方がいいです。

 前半の比較的低難度の譜面はこれを踏む前にクリアはしておきたいですが、後半の難しい足18の譜面に関しては、PARANOiA Revolutionでは若干BPMが抑えられていることもあり簡略化しているため、こちらに関しては元譜面をクリアができなくても、この譜面がクリアできないというわけではないです。

STEP 1 前半部分

 ここでいう前半部分はtirgger 激までの低速の前までを指します。前半はクリアを目指す段階だと確実にHADESでゲージを融かすため、できるだけfullゲージを目指したいところです。ですが、前半部分も残念ながら低速後半に比べると優しいですが挑戦段階だとfullゲージを維持できるほど甘くはありません。稼げるところで稼いで、融かすところを頑張ってゲージ維持に持ち込みましょう。

  HDV~伝説までは確実に取り切りましょう。次のアンチとトリフェニ地帯は高速の捻りによって、体勢が崩れやすく体力を無駄に削ってしまう原因になってしまうので捻りに自信がない限りはスライドで取りましょう。

 続いてMAX300地帯は、前半はただのBPM360の8分地団駄ですので完璧に取り切りましょう。後半は前後に矢印があるので体力が必要ですが、ここは取れれば取ろう位の気持ちで構いません。Xスぺ地帯は捻り多めでしかも早いのでこちらもスライドの方が有利な気がします。Xスぺ地帯は前半部分ではかなり難しいと思いますので多少ゲージが融けても、仕方ないくらいの気持ちでいいでしょう。

 FAXX地帯は、BPM360の四分なので同時が絡みますができる限り取れるように心掛けてください。オンバウ地帯は回復です。しっかり回復してtriggerのカズダンス地帯をできる限り取れる体力を回復して前半最後の難関カズダンス地帯をできる限り無傷で乗り切りましょう。

 前半はこれから先に比べると、優しいですがアンチ・トリフェニ地帯、Xスぺ地帯で体力を削られてしまい足が動かなくなるという事態に陥ってしまうため、できる限り省エネ踏みができるように心掛けましょう。

 STEP 2 低速部分

 ここからが、本番です。この曲の最大の難所は低速のラストPARANOiA HADESの地帯です。ここをいかに傷を負わず抜けられるかがクリアを目指している人の最大のポイントです。

 とはいっても、低速は終盤までは回復で呼吸を整えられるのでまずは落ち着いて踏むことにしましょう。余談ですが低速は全部PARANOiA系統の譜面で構成されているため、PARANOiAとDDRは切り離せない関係であることがわかります。

 エターナルまではそこまで複雑な踏み方リズムではないですが、いきなり低速になったことでリズムが合わなくなってしまわないように気を付けましょう。

 エターナルの縦連地帯は、単体では大したことがないのにこれまでの疲労の蓄積やこれから襲ってくる脅威を考えるとなかなか厄介なものです。私はタイミングが合わないのでスイッチを使いませんでしたが、スイッチを使うと楽に踏めそうです。体力的にはしんどいですがここら辺が最後の休憩地点になるので、しっかりと矢印を踏んでおきたいです。

 エターナルを超えると最後の休憩であるパラ鯖兄弟地帯です。ゆっくりですので落ち着いて踏めば、きっちりとりきれることでしょう。ここから先はほぼノンストップで足18の引用部分とのタイマンですので気を引き締めましょう。

 さていよいよ最大の難関のPARANOiA ~HADES~地帯です。捻りがひどいですが、ぶっちゃけクリア挑戦レベルではここをきっちり踏むのは無理ですので、おとなしく捻りで踏むことを捨てて、スライドで捌くか二枚抜きくらいをすることくらいでしかここを抜けることはできないと思います。ここまででゲージが8割くらいあると勝算が高いと思います。半分以下だとたとえここを抜けられたとしてもその先がかなり厳しいです。デンジャーに入っていた場合はここを超えるのはクリア挑戦レベルだと不可能でしょう。

 正直HADES地帯を抜けるために、HADES地帯を練習するというよりはその前でいかにゲージを保っておくかが、クリアの最大の鍵になると思います。

 ここを越すと、BPMは速いですが若干回復地帯に入ります。

STEP3 後半部分

 ここから先は引用譜面の足18の割合が大幅に増えて、前半に比べるとかなり難しくなります。とはいっても、流石に元譜面の速度に比べると若干スピードダウンをしているのである程度は落ち着いて踏めるようにはなっています。しっかりと取るところは取る、妥協すると決めたところは妥協するというメリハリをつけるとクリアが近づきます。

PARANOiA Revolution ESP クリア支援記事 image 3

 最初のニューディケイドは、配置自体は難しいですがBPM-40であるためスライドで捌けば、そこそこ取り着れると思うので出来ればHADESで削ったゲージを回復、そうでなくともゲージキープくらいには持って行きたいところです。

 ポゼはBPM-10とあまり変わりはしないですが、ここまで来た人ならば普通に踏めば問題はないと思います。フリーズアローは二枚抜きの原理でスライドすると比較的取れるかなといった感じです。

 閉店演出からのアンリミからDance Dance Revolutionは回復地帯です。できれば全部踏んでやろうという勢いが必要です。あえて言うならCANDY☆のフリーズアローを取りこぼさないように注意しながら踏みましょう。ここを超えると第二の難関通称2MBの壁が待ち構えています。

 2MBの壁地帯はその名の通り、Fascination ~eternal love mix~鬼と Pulto Relinquish鬼という2MB曲の難関譜面で構成されている地帯です。ここがクリアに向けて最後に立ちはだかる壁です。

 まずは、どちらもBPMが400台の曲ですがBPMが360になったことである程度弱体化はされています。そのため、この二つを正規クリアしている必要はありません。それを知った上でパラレボ激に対応する対策を打ちましょう。

 ずばり2MBの壁地帯を越す鍵はエタラブでどれだけゲージを減らさないかそして増やせるかがです。

 初めにエタラブですが、こちらは同時押しラッシュの譜面ですがどちらかというとプリンの方が厳しい譜面であるためこちらはしっかりと取っておきたいです。エタラブ本家とは違い、同時の速度が比較的遅くなっていることから踏みやすくはなってはいます。そのためエタラブ本家で追いつかなくても、こちらでは追いつく可能性もあるため、頑張って同時縦連ラッシュにはくらいついていきたいところです。

 続いてPulto Relinquishですが、こちらもBPM-40と殺傷力自体は抑えられてはいますがそれでもクリア挑戦レベルだとしっかり踏むのは極めて厳しいと思います。非人道的な発狂が踏める程度の発狂に変化しただけで体力を相当消耗した状態だとかなる苦しいです。速い捻り配置が多いので、捻りをしながら無理なものはスライドを使ってごまかしゲージの減りをできる限り抑えておきましょう。

 ここを超えればほぼクリアは見えてきたといっても過言ではないと思います。ですが最後にも発狂があるので注意しましょう。

 2MBの壁を超えるとセリフが流れるところでフリーズアローが流れてきますのでしっかり踏んで呼吸を整えましょう。

 最後のヴァルキリーは、落ち着いて地団駄をすれば落ちることは少ないとは思いますがきを引き締めて踏みましょう。本当にゲージが融ける寸前の場合にはスライドでGoodでもいいからつなげてやろうという気持ちが重要になるかもしれません。

トレーニングシューズ ジム メンズ レディース 筋トレ ベアフット フィットネス VeroMan #PPI
価格:3480円(税込、送料無料) (2020/8/5時点)

 

楽天で購入

 

 

トレーニングシューズ ジム メンズ レディース 筋トレ ベアフット フィットネス VeroMan #PPI
価格:3480円(税込、送料無料) (2020/8/5時点)

 

楽天で購入

トレーニングシューズ ジム メンズ レディース 筋トレ ベアフット フィットネス VeroMan #PPI
価格:3480円(税込、送料無料) (2020/8/5時点)

 

楽天で購入
Rate article