G240Tマウスパッドを買った感想


 今回の記事はロジクールのマウスパッドであるG240を10日間ほど使った感想をまとめたいと思います。

商品概要

Logicool G ロジクール G ゲーミングマウスパッド G240t クロス表面 標準サイズ マウスパッド 国内正規品

 G240Tマウスパッドはロジクールの最廉価のマウスパッドです。G240というのもありますがそちらは旧商品です。280 x 340 mmとロジクールのマウスパッドでは小さいですいが、一般的に売られているようなエレコムのやつに比べると大判だなという印象がある大きさです。

 表面がプラスチックではなく布地タイプのものなので低感度用いわゆるローセンシ向けに作られたものです。極めて薄く1mmほどしかないのでコンパクトに収納できます。

 姉妹商品としてG440というハードタイプでマウスが高感度向けのものと、G640というG240よりも厚みがあり(3mm)なおかつG240よりも大きいサイズがあります。

開けた時の感想

画像

 ゲーミングブランドらしく六角形の箱で外側の見た目は相当高級感があります。2000円ほどで買える商品ですがぶっちゃけ、コストの半分はこの箱を作るためにかかっているレベルです。

 

画像

 しかしその高級感のある箱の中から出てきたのは、薄い布切れ1枚と説明書の紙っぺら1枚だけが入っていたので正直期待外れ感がありました。薄いのは収納しやすいというメリットがあり、決して悪いことではないですし、敷いてみると机の木目の段差などは一切感じないので、全く機能上は問題はないのですが安っぽさは感じました。

画像

 裏面は全部ゴムです。マウスを動かしても、全く動くことはなくしっかり滑り止めとして機能します。マウスパッドの表面は全部使えますがロゴのGの部分だけは滑りにくいので実質そこだけは使えないです。

使ってみた感想

 始めこそマウスパッドを使ってみても机と違いが判らなかったのですが数時間使った後に、机に戻してみると感覚がとても気持ち悪いので慣れるととても便利なものだと思います。FPSゲームには必須級の商品だと思います。実際エイムもマウスパッドを買うと安定してきましたし、価格もそこまで高くはないのでおススメです。

 商品特性がローセンシ向けの人用に作られたということで、プラスチックでできたいわゆるハードタイプのものに比べるとマウスは滑りにくいです。マウスパッドを滑らせても勝手に滑っていくほどは滑りません。もちろん机に比べるとマウスはきちんと滑ります。

 マウスの足の削れ方も机の時に比べると明らかにダメージが少ないのでマウスの寿命を延ばす効果もあるようです。

 大きさに関してはFHDのデュアルモニター運用をしていますが、マウスがマウスパッドの外にはみ出ることがないのでちょうどいい大きさだと思います。トリプルモニターやそれ以上の大きさならば少し小さめになるかもしれませんが普通に使う分には理想的な大きさだと思います。

 へたくそですがFPSゲームをやった感想だと、マウスパッドありとなしではエイムのしやすさが全く違います。とくにフリックと呼ばれるタイプのものでは、マウスパッドがあることでマウスの足が机の木目につっかえることがなくスムーズに動かすことができるので、エイムで標的を追従する際にストレスが少なくなります。

 FPSゲームは極論、標的を常に追従するゲームなので一回一回の差が微々たるものでもこれが数日、数週間単位になると経験値に大きな差が生まれるのでやっぱりFPSゲームをやる場合はマウスパッドは必須だと思いました。

 ぶっちゃけ高いマウスでマウスパッド無しよりも、安いマウスでマウスパッドありのほうが明らかにシューティングには向いているのでとりあえずシューティングゲームをやりたい方は安いですし、マウスパッドを買いましょう。

なお現在使っているマウスの詳細は以下の記事で確認して下さい

 最後はマウスパッドを買えという当たり前の結論になりましたが、これでも買う前はかなり懐疑的だったので正直ゲーミングマウスを買ったとき以上にエイムの精度が良くなったのを実感して、感動すら覚えています。

 シューティングをするなら少なくともキーボードに金をかける前にマウスパッドを買いましょう、これは本当にそうだと思います。

 あとはゲーム以外にもイラストを描くときに案外ストレスが減って、PCを使っているときのQOLが挙がったのは驚きです。


スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA