音ゲー飲み物考察

音ゲー飲み物考察 photo 0 info

今回の記事では、音ゲーマーが良く飲むであろう飲料について個人的な考察をしたいと思います。

水道水

 水道水です。冷やした水道水を水筒なんかに入れて持って行くと冷たい水が飲めます。地域によってはカルキ臭くて飲めないということもありますが、家庭の蛇口に浄水器をつければだいぶ改善します。最大の特徴と言えば、最も安価に調達することが可能であり、癖がないという点です。

お茶

【Amazon.co.jp限定】コカ・コーラ 綾鷹 ペットボトル (2L×10本)

amazonで探す

  コンビニやスーパーで調達することができます。すっきりとした味わいで、2Lペットボトルならお買い得ですので、一日ゲーセンでプレイする方にはおススメです。個人的には綾鷹が好みですが、DDRをやる以上安くて量があるものを優先して選ぶので結局調達するのは近くのスーパーで売ってある一番安いお茶だったりします。そこらへんは個人差によるところが大きいです。ぜひ自分の好きなお茶を見つけてみましょう!

 また、お茶に関しては自分のうちで入れたものを水筒で持って行くというのもできますので、自家製のお茶を持って行くというのもありではないでしょうか?

麦茶

[Amazon限定ブランド] 伊藤園 RROボックス 健康ミネラルむぎ茶 2L×9本

音ゲー飲み物考察 photo 1

amazonで探す

  こちらもスーパーやコンビニで簡単に調達可能です。麦のいい香りと、ほのかな甘みがあり、お茶よりも軽やかな味わいで水分補給にも最適です。こちらも2Lのペットボトルが安いのでおススメです。私はゲームセンターの前にスーパによって一番安いブランドのお茶と麦茶をローテーションしてゲームセンターに持って行っています。

  こちらも自作の麦茶を製造して、水筒に入れてゲームセンターに持って行くと冷たいままで飲むことができるのでおススメです。

スポーツドリンク

大塚製薬 ポカリスエット 2L×6本

amazonで探す

コカ・コーラ アクエリアス エアーボトル 500mlPET×24本

amazonで探す

音ゲー飲み物考察 photo 2

 ハードな運動の水分補給に最適な飲料です。塩分やミネラルが多く入っており、DDRなどの汗をかきやすいゲームをやっている方にはおススメです。私自身は水分補給をする際にスポーツドリンク特有の甘みと喉に引っかかる感じがあまり好きじゃないので、塩分補給自身はしょっぱい食べ物で行い、水分補給は前述のお茶や麦茶で行うことが多いです。

 余談ですが、ポカリスエットが一番濃厚でアクエリアスやグリーンダカラはポカリスエットを薄めたような味ですね…

トロフィー

 ツルハドラッグより

 通称網走魔剤と呼ばれているものです。飲み物の種類としてはスポーツドリンクやいわゆるBCAAを補給できるドリンクに近いものだと思います。名前の由来は定かではありませんが、網走地方の音ゲーマーがこれを飲んでリザルトが良くなったとか、網走のツルハドラッグで買ってもらったなどの諸説があります。ぶっちゃけた話、リザルトが良くなったというのはプラシーボ効果によるところが大きいとは思いますが、このドリンクの性質はDDR等の踏みゲーにも最適ですので、DDRerが買って損をするようなこともないとは思います。

エナジードリンク

アサヒ飲料 モンスター エナジー 355ml×24本

amazonで探す

アサヒ飲料 モンスター パイプラインパンチ 355ml ×24本

音ゲー飲み物考察 photo 3

amazonで探す

 これには大量の糖分とカフェインが入っているので、集中力とエネルギーが補給できるという触れ込みですが、正直この理論が正しいかどうかは分かりません。

個人的にはエナジードリンクを気持ちを切り替えるスイッチのように使って、これを飲むとリザルトが良くなると思い込んで飲んでいます。実際に良くなったか良くなってないかは分かりませんが、ゲームセンターに長時間いるときにこれを飲んで気分をリフレッシュすると、確かにリザルトが良くなった気にはなります。おすすめは、量が比較的多く味もなかなかおいしいモンスターエナジーのパイプラインパンチです。

 これを飲むと心臓がバクバクして、人体に悪影響を及ぼすという声もありますが、勉強と違ってDDR前に心拍数が上昇することは、DDRのパフォーマンス向上とって丁度良いとは思います。

 最後にエナジードリンクを飲んでリザルトが良くなるか人によって大きな個人差があるので、必ずしも効果があるかどうかはどうかは分かりませんが、これを飲みすぎると確実に健康に良くないことだけは理解できるので、飲みすぎには注意しましょう…

その他装備等

www.geartics.com

Rate article