12/8 オンゲキ騒動について


 今回は12月8日にオンゲキで起こった、騒動についてアーカイブとして残すためにまとめていきたいと思います。騒動の発端は、移植曲についてです。

画像
https://twitter.com/ongeki_official/status/1336143618285789186 より

 今回の移植楽曲は、東方楽曲の移植であり東方界隈での有名楽曲が移植されるというイベントでした。問題となったのはその中の一曲であるSatori~3rd EyEsという楽曲です。

 上記の動画のようにBMS楽曲です。BMS楽曲の中にも東方楽曲のアレンジというのはよくありますが、もう一曲聞いてほしいです。

 こちらは3y3sというBeatmania IIDX(通称弐寺以下弐寺呼び)の楽曲です。弐寺でもボス楽曲としても高い人気を誇り、また同じBEMANIシリーズでも移植があまり進んでいない楽曲ですので、移植を渇望するプレイヤーが多い曲です。

 2つの曲を聞いて似ていると思った人もいるかもしれませんが、実は3y3sを東方楽曲とリミックスした楽曲がSatori~3rd EyEsという楽曲で、実質3y3sのリミックスverと言える楽曲です。

 BMSは弐寺のシミュレーションゲームですので、弐寺曲をリミックスした楽曲も少なからず存在します。グレーと言えばグレーですが、非営利目的であり宣伝につながることもあるためKONAMIが目をつぶって見逃している状態です。

 また、KONAMI楽曲のアレンジではある同人音楽サークルがBEMANIシリーズの楽曲をリミックスしたアルバムを販売しようとして、差し止められたこともあり、BMSの中でも特にグレー度が高い楽曲と言えるでしょう。

 そのため、今回の移植はあくまで個人目的で利用する場合でのみ特例で目をつぶっていた楽曲を、ライバル企業が商業的に大っぴらに利用するということで騒ぎになったわけです。

 さらに、チュウニズムでも前例を残しておりアンドロメダという楽曲のリミックスである、星の器という楽曲を東方コラボと題して収録したという実績もあり、この時もかなりの騒動になりました。

 前回はアンドロメダですが、今回はボス曲である3y3sのすっぱ抜きであり非難は前回以上であると思われます。ここからはこの騒動の悪影響を考えていきたいと思います。

1 BMS界隈の悪影響

 BMSはKONAMIが使えるから見逃しているのであって、潰そうと思えばいつでも潰せるものです。そのため、このような事態が起こり続けた場合BEMANI全体に悪影響を及ぼしてしまうのでBMS自体が消滅する可能性があります。長期的にはコンポーザーの発表の場が失われるので、BMS界隈のコンポーザーを多用している音楽ゲームはコンポーザー不足になってしまいます。

 また、BMSを音楽ゲーム収録の足がかかりにしようとしているコンポーザーを考えると、BEMANI楽曲をリミックスすれば音楽ゲームに進出できるという悪しき前例を作ってしまうので、オリジナル楽曲が作られなくなるというデメリットも存在します。

2 SEGAゲーへの信頼がなくなる

 今回の騒動では実質ボス曲の無断使用が発端です。曲をパクられた側のBEMANIはオリジナル楽曲が多くそれらに愛着を持っているプレイヤーが多いです、その中でも弐寺は長年プレイしているプレイヤーが多いので、楽曲に愛着を持っているプレイヤーも多く、抜け道のような方法で曲をすっぱ抜いたら勝手に曲を盗まれたと思うのも当然です。

 KONAMIが使えると思ってBMSの存在に目をつぶっていたのも原因ではありますが、KONAMIが文句を言わないのをいいことにどんどんコピーBMS楽曲を収録していって、著作権の有名無実化をしていった場合、SEGA音ゲーひいてはSEGAの存在そのものの信頼が揺らぐことも想定できます。

 この出来事で、不快になりもう二度とSEGAのゲームをやらないというプレイヤーも少なからず生まれてしまったかもしれません。

 また、セガの音ゲーはBMS界隈出身のコンポーザーの楽曲が多く、オリジナル、移植問わずかなりの部分でBMS界隈とかかわりがあります。そのため、BMS楽曲、BMS界隈出身コンポーザーの楽曲提供が禁止された場合、ゲームの運営自体立ち行かなくなるレベルでのコンポーザー不足が発生します。こうなった場合は、いくら成功しているチュウニズム、maimaiでらっくすをもってしても恐らく立て直すことは不可能に近いです。

 そういう意味でも、下手なことをしない方がかえって利益的には都合がいいです。


スポンサーリンク

16件のコメント

  • 「SEGAゲーへの信頼がなくなる」の理由がよくわかりません。
    具体的になぜそうなるのか?の記述が必要ではないでしょうか。
    これではただの心理の誘導だと思います。

  • 一応理由を書き足しました。
    BEMANIユーザーとしての偏見がどうしても混ざってしまうことに関しては、ご容赦ください。

  • 1.に関して、他にもBMS曲を移植している太鼓やグルコス、海外産スマホ音ゲーは全スルーですがセガの収録だけが界隈に悪影響を与えるのでしょうか
    叩くために勝手に主語を大きくしていませんか
    2.の「セガの音ゲーはBMS界隈出身のコンポーザーの楽曲が多く~」以降のところは因縁をつけたいだけにだけに見えます
    界隈外のアーティストの楽曲の方が圧倒的に多いのですが運営が立ち行かないと判断できる理由をデータで示した方がいいのではないでしょうか
    セガの音ゲーが気に入りませんって正直に書いた方がいいのではないでしょうか

  • 今回騒動となった楽曲は作曲者が元ネタを名言している楽曲ですが、KONAMI社のゲームに収録されている「FIRE FIRE」では同様に作曲者がある楽曲をリスペクトしているとコメントされています。他にも別の曲に似ている楽曲が太鼓の達人などSEGA社以外の音ゲーに収録されていますが、個人的にリスペクト楽曲についてどこまで許されるべきだと思うか教えていただきたいです。

    • FIRE FIREは一応許可をもらったらしいですね。それは置いていてとりあえず、同社内の曲をリミックスするのは問題ないでしょう。また、許可を取った状態ならば他者楽曲のリミックスも問題ないと思います。
      今回の場合で問題だと個人的に思うのは、SEGAがライバル企業のKONAMIの楽曲をリミックスすると明言せずに、あえてBMS楽曲の中からリミックスソングを収録して、収録した際のパッケージもあくまでBEMANIシリーズに原曲があるBMS楽曲と明言せずに、東方楽曲のリミックスでありBEMANIは関係ないと開き直ったような態度が一番の問題だと思います。
      蛇足ですが、個人的な願いとしては、海外製スマホゲームなどと違い日本国内の大手ゲームメーカであるSEGAのゲームは売れていますしブランド力もあるのですから、このような形でなく、3y3s原曲をKONAMIと交渉して入れてほしかったというのはあります。

  • SEGAが「実質ボス曲を無断使用した」証拠はどこにあるのですか?
    もしかしたらKONAMIとSEGAが秘密裏に合意している可能性も0ではないですよね
    この手の記事を書くのであれば、しっかりと証拠を出して論じるのが当然ではありませんか?

    何も証拠が出さないのにもかかわらず、一方的にSEGAが悪いと断じるような文章を公に向けて発信すること自体に違和感を禁じ得ません。

    • チュウニズムにエレクリを移植した際には、公式の移植でしたので©konami amusementとしっかりと書いております。前回も星の器で炎上したことを考えると、本当に炎上を防ぎたくてなおかつKONAMIに許可を取っているならば告知のどこかに©konami amusementと入れるはずです。また、チュウニズムの譜面製作スタッフにはKAC出場者がいるとされるツイートが公式から発表されたことで、この楽曲が炎上を引き起こす可能性が高いという事実は知っていたはずですので、確信犯の可能性が高いです。

  • ©表記の意味をご存知ですか?
    KONAMIが一切の権利を有していない本楽曲は、そもそも「©konami amusement」を掲載することは不可能です。
    もう少し権利関係を勉強した上で反論されることを推奨いたします。

    記事全体やコメントから察するに、憶測と私見、そして誤った知識を有したまま書き殴っている点が見受けられますし、
    「音楽ゲームに悪影響を及ぼしている」とすれば、
    こういったネガティブ要素でしかない記事の掲載が原因の一つであることを自覚していただきたいです。

    音ゲーの未来を案じるのならば、もう少し違った方向性で盛り上げようとして下さい。

  • twitterで炎上の件を見かけ、ネットでいろいろ調べている内にここに来ました。
    Ⓒについての考察は私見では的を得ていると思いますが、両社間で承諾があった事を願うばかりです。
    1,2についても概ね同意見ですし、本当に危うい問題だと思います。明確な記載や名言があればこんな話をする必要もないのですが…いろいろとやるせないです。

  • チュウニズムのKattobi Keikyu Riderというオリジナル楽曲が権利的に怪しかったため、京急電鉄に許可を取りコラボという形で実装したということはご存知でしょうか?このような例もあるため何らかの形で問題が無いことを確認している可能性も高いと思います。そして、仮に今回の件でKONAMIが許可を出したと明言すると二次創作を容認したと解釈されてしまう可能性もあるため、明言をしない形で許可を出した可能性もあります。どちらにせよ当事者でない私たちに真相は分かりませんが…
    以上の点を踏まえて質問なのですが、
    ・onken様は裏で許可をとっていた可能性は考えていたのでしょうか?
    ・もし許諾が得れていた場合、この騒動に対してどのような立場を取りますか?
    の二つをお聞きしたいです。

    • 前回星の器で炎上した以上、このような著作権の所在があやふやな形でライバル企業のリミックス楽曲を移植するというのは、リスクが高い行為であり炎上を避けたいなら普通何かしらの形でKONAMIには許可を取ったということを記載すると思います。
      もしも、仮に許諾が取れていた場合or今後KONAMIが許諾すると言った場合は、もちろんKONAMIに賛同します。(KONAMIが認めたらSEGAの移植に関しては問題がないものと考える)
      余談として
      個人的にはSEGAは許諾は取っていないとは思う立場ですが、C79での某同人サークルのBEMANIリミックスアルバムの差し止めから考えると、対応や態度が軟化していることからいずれは許諾を与える可能性はないとは言い切れないかもしれません。

  • segaが音ゲー関係で大炎上している話は聞いていましたが、もう曲を聴くだけで全て理解しました。開いた口が塞がりません。
    3y3s→アレンジBMS→segaの時点で、ちゃんとsegaが過去作と同じように許可を取っているものと思っていました。が、おそらく今回は、無いと思われます。いつもの表記がないからです。
    コナミの音ゲーもsegaの音ゲーも大好きだからこそ、今回のsegaの件は幻滅しかありません。

    コナミ、本気で訴訟するんでしょうかね。
    最近はそもそもゲーム業界からの完全撤退すら予定しているくらいの状態ですから、いっそ大解散させてもおかしくなさそうなんですけどね。
    一方で、他のゲーム会社を蛇蝎の如く嫌っていて、天下一音ゲー祭が開催されるまで「コナミvs他ゲーム会社全部」くらいの深刻な対立状態に戻りかねず、将来的にはゲーム業界全体の莫大な損失になりそうで、そこも不安要素ではあります。

    sega、今年中に対応できるんでしょうかね。
    解決まで伸びれば伸びるほど、致命傷になりそうです……。

  • チュウニズムやオンゲキが好きな人には申し訳ないですけど、
    パクリ物は本家が存在する以上、後出が負けることは確定してますので、SEGAはどうあがいても勝負には負けます。

    BMSからだから大丈夫という考えで配信にこじつけたとしたら、SEGAの運営陣は脇が甘いと思われても仕方ありません。
    楽曲に懸念が少しでもあると思っていたならば、コナミ側に配信しても問題ないか確認してから出すでしょう・・・。

    チュウニズムは10代の若者がメインですから、生まれる前の楽曲だとわからないですからね。
    良くわからずSEGAの曲と思ってる場合も多々ありますので、仕方ありません。

    チュウニズムですと、他にもSHIKIの「Air」なども該当しますね。こちらもBMSから来てますが、元々は15年以上前のシリーズ「弐寺11」のエンディングテーマと酷似しております。KONAMI側は黙認でしょうか。

    • 一応11 iidxREDとSHIKI氏のAirだとAirのほうが先に出たはず

  • 結局2021/01/12の更新でチュウニズムからKONAMI曲全削除という形でKONAMIを怒らせてしまったという事になるが・・・

    ここで「主語を大きくしてる」だの「事実が違ったらお前はどう落とし前をつけてくれるんだ」とかコメントで攻撃していた人間は誰一人全削除という事実の結果を受けて謝罪の一言もないですね。

    コメント欄が事実上の匿名の為、暴言吐いたり謝罪を求めたりして自分が間違っていたら知らんぷりの輩ばっかりで悲しいですね。

    • 今現在着々と復活していますが、それはどういうことなんですかね

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA